マンスリーマンションを借りるには?

一般的な賃貸住宅との違いを知る

マンスリーマンションというタイプの賃貸住宅がありますが、それは一般の賃貸住宅とはかなり性質の異なる仕様となっています。マンスリーマンションというのは、端的に行ってしまえばホテルの延長線上にあるような賃貸住宅のことです。一般的な賃貸住宅の契約期間が2年であるのに対して、マンスリーマンションは一か月単位で契約をしていくというタイプの賃貸住宅なのです。 たとえば、長期の出張があったり、単身赴任をしなければいけなかったりすると、マンスリーマンションは好個の賃貸物件となります。というのも、家具や家電がすでに備え付けである物件がほとんどであり、敷金や礼金もかからないために、より身軽に借りることができるのです。


マンスリーマンションを借りる時に気を付けること

マンスリーマンションは、その運営会社の業態の違いによって、借りる側に大きな影響を与えることがあります。不動産業界が提供している物件と、ホテル業界が運営している物件とがあるのです。 たとえば、契約期間中の家賃をすべて一括で振り込んでしまうところもありますが、翌月分だけの家賃をひとまず振り込めばよいという物件もあったりします。前者の場合、もし途中で解約することがあった場合に、振り込んだお金が返ってこないということもあるので注意が必要です。 また、ホテル業界が運営しているマンスリーマンションは、契約の前に重要事項の説明をしてくれないということもあったりします。不動産業界が提供している場合は説明の義務がありますが、ホテル業界のそれでは義務付けられていないので、しばしば説明を怠る業者がいるので注意が必要なのです。